Business
事業案内

成形法

FRPの各種成形法

FRPの成形は以下の様な方法があります。

  • ハンドレイアップ法

    【舟艇・タンク・浄化槽・ハウジング】

    型に離型剤を塗布後、ゲルコートを塗布し、硬化後ガラスマット・クロスを型にセットし樹脂を塗布し、ロールにて含浸硬化させる。

  • 引抜成形法

    【ポール・釣竿・アングル】

    ロービングに前もって樹脂を含浸させ、金型で加熱硬化し引き抜く。

  • スプレーアップ法

    【バスタブ・浄化槽・容器・ボート】

    型に離型剤を塗布後、ゲルコートを塗布し、硬化後スプレーマシンにて樹脂、硬化剤とロービングを一緒に吹きつけ硬化させる。

  • フィラメントワイディング法

    【パイプ・タンク・ダクト】

    ガラスロービングに前もって樹脂を含浸させ、回転するマンドレルに張力をかけながら巻きつけて硬化させる。

  • コールドプレス法

    【水タンク・容器】

    レジコンで補強したFRPで型に、ガラスマット・クロスを配置し、樹脂を注いで加圧含浸硬化させる。

  • 回転成形法

    【パイプ・タンク】

    中空のマンドレル内部にガラスマット・クロスなどを配置し、回転させながら樹脂を注いで含浸させ硬化する。

  • SMC法

    【バスタブ・浴室床パン・自動車部品】

    必要な寸法に裁断したSMCを金型にチャージし、高温高圧下で硬化させる。

  • プリフォームマッチドダイ法

    【水タンクパネル・ヘルメット】

    金型内にあらかじめ作成しておいたプリフォームをセットし樹脂を投入した高温高圧化で硬化させる。

FRPの成形法別特長

ポリホープ®は常温でも高温でも硬化し、硬化時間も容易に調節できます。
そのため一般的なハンドレイアップ法から、高純度なインジェクション成形まで、目的にあった成形法が選べます。

成形法
ハンドレイ
アップ
スプレーアップ コールドプレス レジン
インジェクション
プリフォーム
マッチドダイ
(MMD)
SMC BMC フィラメント
ワインディング
引き抜き
設計費 最も安い 安い 高い 高い 高い 中~高 中~高
型材費 安い 安い 高い 高い 高い
工数 最大
大きさ制限 なし なし あり あり あり あり(中) あり(小) あり あり
熟練 要する 要する 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要
形状 比較的簡単 比較的簡単 比較的簡単 比較的簡単 複雑可能 複雑可能 複雑可能 回転体に限定 一方向に限定
肉厚 不均一 不均一 一定 一定 一定 一定 一定 一定 一定
その他 人件費高い - ゲルコート
可能
ゲルコート
可能
- 流れによる
接合部
流れによる
接合部
高強度 連続成形
ガラス基材 マットガラス布
ロービング布
ロービング布 コンテニュアスマットマット コンテニュアスマットマット チョップド
ストランド
チョップド
ストランド
チョップド
ストランド
ロービング
ヤーンテープ
ロービング
コンテニュアスマット
通常の
ガラス含有率(%)
27~45 30 25~35 25~35 30 25~30 15~25 50~75 50~70
最大
充填材量(phr)
50 50 50 50 100 250 250 50 50
成形温度(°C) 室温 室温 15~60 15~60 100~150 120~150 120~160 15~60 130~160
成形圧力
(×10-1MPa)
接触圧 接触圧 2~5 1~10 7~21 7~200 15~140 巻き取り力 引き抜き力
成形サイクル 30分~1日 30分~1日 15~60分 20~60分 1~5分 0.5~5分 0.5~5分 0.5~6m/分 0.5~3m/分
最小厚み 1.5mm 1.5mm 1.5mm 2mm 0.7mm 1.3mm 1.5mm 2.5mm 1.0mm
最大厚み 25mm 12mm 13mm 13mm 7mm 25mm 25mm 75mm 50mm
厚みバラツキ ±0.5mm ±0.5mm ±0.5mm ±0.5mm ±0.2mm ±0.13mm ±0.05mm ±0.3mm ±0.1mm
最小半径 6.4mm 6.4mm 6.4mm 6.4mm 3.2mm 1.4mm 0.8mm 3.2mm 1.0mm

各種材料との特性の比較

材料の種類 注型品 FRP成形品(注) SMC成形品 アルミニウム 木材 硬質塩化ビニール
比重 1.2 1.5 1.8 2.7 7.8 0.4~0.8 1.4
引張強さ(MPa) 47 147 90 88 333~402 45~88 99~59
曲げ強さ(MPa) 110 216 180 197 - 99~98 69~108
曲げ弾性率(GPa) 4.4 9.8 10.5 68.6 206 8.0~15.0 2.9
圧縮強さ(MPa) 155 255 180 - - 29~59 59~78

注)ガラス繊維含有率30%にて作成した積層板 本表に掲載されている物性値は代表値であり規格値ではありません

ジャパンコンポジット株式会社

〒103-0023 
東京都中央区日本橋本町3-2-13
アドバンテック日本橋ビル2F

お電話でのお問い合わせ(9:00~17:40 土日祝日を除く)

03-3516-3002